【一般質問】平成27年9月定例会(第3回)

2017/07/21

ながす議会だよりNo.123「潮さい」より抜粋

 

 

質問:定住促進を、どのように進めるか

答え:民間と協力、定住化を推進したい

 

質問:

(浦辺)公民連携の定住促進を、本町ではどのように進めるか。

 

答え:

(町長)よけの上の定住促進道路は、住宅用の宅地を民間開発で促進する予定。出町地区は土地区画整理事業で、地権者による準備会を設立し事業を進める予定。日立造船の宮野社宅については、関係会社と協議、官民連携によるPFI事業を進めていきたい。

 

質問:

(浦辺)出町地区の土地区画整理事業は今後、どのような予定で進めていくか。

 

答え:

(まちづくり課長)周辺住民の方と協議、道路配置計画や施工地区を決定。準備委員会を設立。区画整理事業の許可申請を 27 年度申請。 28 年度工事着手と考えている。

 

質問:

(浦辺)よけの上地区は面積的にも広く、これからの町づくりに重要な地域。整備計画は慎重にすべき。

 

答え:

(まちづくり課長)総合的に考え、調査業務を行っていく。都市計画等の用途も係っておらず、今後地域のビジョン等を策定、開発等の進め方を検討していきたい。

 

質問:

(浦辺)宮野団地はPFIで建て替えという事か。また、PFIにはBTOとBOTがあるがどちらでいくのか。

 

答え:

(まちづくり課長)民間の資金を活用するPFIで、民間で建て行政で頂き、契約を基に管理を委託するBTO方式を予定している。

 

質問:

(浦辺)移住定住の希望者に対し、PR や支援策はあるか。

 

答え:

(まちづくり課長)住宅に関する各種情報の提供、PR や相談業務等が必要。総合戦略の中にも明記していきたい。

 

 

質問:家庭教育、保護者の役割は

答え:家庭は教育の原点、出発点である

 

質問:

(浦辺)子どもは家庭での正しい生活習慣が身につかないと、挨拶、食事などの基本的行動が取れない。対策は。

 

答え:

(教育長)家庭での基本的生活習慣の育成、親の学びプログラムの活用、家庭教育講演会開催、人権教育の実施。また、保護者の不安や悩みを軽減、子育ての支援、情報提供。保護者の交流や相談等、家庭教育の向上に努めたい。

 

 

 

 

 

Facebook でシェア
Twitter でシェア
Please reload

これまでの取り組み【議会活動】

これまでの取り組み【ボランティア活動】

【一般質問】平成29年3月定例会(第1回)

【一般質問】平成28年12月定例会(第4回)

【一般質問】平成28年6月定例会(第2回)

1/3
Please reload

© 2017 Copyright by tomoaki urabe

​浦辺ともあき後援会事務所 〒869-0123 熊本県玉名郡長洲町長洲2651-5