【一般質問】平成30年12月定例会(第4回)

ながす議会だよりNo.136「潮さい」より抜粋

質問:本町出身の東京パラリンピック出場候補選手の応援会を

答え:情報交換を図り検討したい

質問:

(浦辺)NHK大河ドラマ「いだてん」に玉名市・和水町にゆかりある金栗四三さん(マラソンの父)が決定し脚光を浴びている。

 本町でも長洲マラソン大会等、スポーツの振興に繋げていけないか伺う。

答え:

(教育長)長洲マラソン大会は今回で43回になる競技性の強い大会であるが、フレンドリーシップ部門を設けタイムを気にせず、誰でも気軽に参加できるようにした。さらに競技内容も含め関係各所と協議を重ねていきたい。

質問:

(浦辺)東京パラリンピック候補に本町出身の島川慎一氏がウィルチェアーラグビー選手として上がっているが、応援会の設立や支援金の募集等行ってはどうか伺う。

答え:

(町長)島川選手は、前回のリオデジャネイロ大会で銅メダルを獲得された後、2016年母校腹栄中学校で講演会及び町表彰式を開催し同校の生徒、六栄・腹赤小学校の5・6年生及び近隣住民の方に貴重な体験談を話され、獲得された銅メダルを披露された。応援会設立や支援金の募集について、町として今後、関係各所と情報交換を図り検討していきたい。


質問:外国人技能実習生の現況は

答え:ゴミ出しに関するマナー違反などある

質問:

(浦辺)本町における技能実習外国人の現況はどのようになっているか。

答え:

(町長)11月末で477名の外国人が在住、国籍はベトナム、フィリピン、中国等、産業別は船舶製造業、アルミサッシ製造業、農業の順、住まいは、社宅、アパートや賃貸住宅。住民登録も必要。近隣住民とのトラブルはごみ出しに関するマナー違反などが地元区長さんへ上がっている。

質問:

(浦辺)在留カードの確認はどうしているか伺う。

答え:

(住民環境課長)在留カードで生年月日・国籍・在留期間・在留資格等確認している。


質問:

(浦辺)外国人技能実習生の滞在期間は何年まで可能か伺う。

答え:

(住民環境課長)一号で1年、二号で2年、三号で2年で通算で5年まで滞在できる。

 特定技能一号の場合は最長5年までだが、特定技能二号の場合、期限に制限がない。